スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


電子書籍の台頭と大手出版社の動き2
カテゴリ: 未分類
新年明けてから、キンドルが気になって気になってしかたない。

その1. マスマーケット版(2-3年後)になるまで待たずに、洋書が読める。
その2. 読んだ後始末に困らない。(今は、読み終わった本が山積みになっている。古本屋でも歓迎されない。)
その3. 積ん読本の始末に困らない。
その4. ある国のある図書館に1冊だけあるというような本も読める、翻訳出来る。

その4は、google bookの恩恵にあずかって、革命的だと思った。だって、怪談の出所を探しているうちに、でっち上げの多いサブカル系著者の創作だと思っていたのが、実は19世紀の少年少女小説に原型があって、しかも現物をネット上で読んで確認できたのだ。本があるのは、アメリカのある大学の図書館だった。文系の研究を根底から覆す可能性がある。今後数年間に、定説がころころひっくり返るかも知れないとまで思った。

ただし、本を出す側に立っている立場として。。。

その5. 編集者やデザイナーなしで出てくる本なんか読めるか、出せるか。
その6. ブランドがない本は恐くて読めない。(出版社ほどブランドが生きてくるものはないだろう)
その7.確かに出版の機会は増える。しかも時間をかけて人気が出てくるタイプの本には朗報。
その8. 印刷業には壊滅的かも。
その9. ちょっとマイナーな本も翻訳出来る可能性が広がる。

出版業界全体の構造を変えてしまう可能性があるので楽観は禁物なのだが、携帯小説や情報商材などみても、こっち方面へと動いていくことは間違いないだろう。

たぶん鍵は出版社が握っている。原稿をそのまま電子化してと考えているなら、それはちょっと待て。携帯小説の書籍版の評判を見ても、有料ダウンロードしてまで読んでもらえる出版物は、やっぱり現在のwebコンテンツより高いレベルのものじゃないと、結局じり貧になると思うし、電子ブックの独自デザインがでてこないと、やっぱり出版物をしのぐようにはならないだろう。現状のPDFを見ればわかるが、あれは読書の楽しみとはほど遠い。

それでも、来年はキンドルなり、何なり買っているんじゃないかと思う。「本」と同じレベルなら、魅力的すぎるのだ。「自費出版」は、たぶん買わないだろうけど。
2010.01.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


New diety emerges 神様の新しい役目
カテゴリ: 未分類
あんまり珍しい話じゃなくて、恐縮なんですが、秋葉原地域は神田明神の氏子になっています。
なので、神田明神はいつのまにか、ITの神様にもなってしまいました。そろそろオタクの神様になるのかしら? 
将門様に怒られちゃいそうです。

まあ、とにかく、神田明神に行くと「クラッシュ除けお守りシール」がありまして、うちの旦那はノートにこれを張っています。うむー。日本の神様も、なかなか大変です。

P1000341.jpg

Many know this, but the violet flag here says, "We are supporting Kanda Myojin Shrine."The place is Akihabara. Kanda Myojin used be a great shrine, protecting whole Tokyo area. It has rather twisted history. About 1000 years ago, there was a samurai named Masakado, who thought about making an independent kingdom in the land of Kanto, where Tokyo is now. His dream had not come true. Emperor ordered another samurai to attack him and Masaskado lost. Since then, his soul has not lest in peace.

Kanda Shrine is one place where we the people of Kanto tell him that he is our god and beg him to use his power to protect us. But still, the most famous supernatural spot in Tokyo is Masaskado Kubizuka, where his head is buried (not in the shrine, but in the middle of Government Offices.) He is a powerful and dangerous spirit.

However, since Kanda Shrine's area(Shrines have their area to protect, while the temples have their contracted families to protect.)include Akihabara, now Kanda Shrine have to protect IT and PC. They have sticker that get crash away from your PC. Man, my husband got one and is stack to his note PC.

Isn't fearful Masakado got confused now? Does he understand Internet?

We Japanese are funny people, I think. I forgot where but there are shrines for airlines and the politicians to win their election.

Japanese deities are busy! And as people says, they only visit shrines when they have troubles.
2010.01.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Asakusa doesn't care about Christmas
カテゴリ: 未分類
週に一度は所用で浅草に行きます。雷門門前です。

I have been visiting Asakusa once a week. This traditional town is, according to my old professor, is older than the City of Edo that was established in 1590. It is a easy-going town, though. "Going to temple" was a good reason for many old day Japanese to skip their jobs. After paying short respect to the temple, you would enjoy eating or playing. Restaurants, diner, bar, sideshows, vaudeville, play, pleasure park, movies, you name it.
この日はクリスマスイブでしたが、浅草はすでに正月支度。ツリーなど影も形もありませんでした。

P1000251(1).jpg

It is loosing its power as pleasure town, but still is a big tourist spot. Jinrinkisha, or rickshaw, rikisha, kuruma, as you like it, is a popular attraction now. It is purely for sightseers just like horse carriage around the Central Park, N.Y. This day was Christmas eve and I saw one ricksha man dressed in reindeer costume and old ladies saying, "Look at that! I have never seen anything like that in my life.""Sure you are. This is my first time in my life that I saw real Jinkikisha." Good. They were modern girls.
観光人力車の車引きのお兄ちゃん、お姉ちゃんがうるさいのが、若干困るのですが(観光客じゃないってばさ、こちとら用事できてんだよっ)この日は、トナカイの着ぐるみを着せられたお兄ちゃんがいて、ちょっと気の毒。そして、相変わらず「人力車よっ本物だわっ」と、感嘆なさるおばさま方。
まあ、そうさねえ。谷中にも一つ車屋さんがあるし(そう、近所を人力車が走るのです)、湯布院とか高山とか、あちこちで人力車見てきたので、気にしてなかったけど、言われてみれば珍しいわねえ。
P1000255.jpg
こういう簡単な門松は、町内のトビが作って売るので、町内会ごとに形が違います。
うちのあたりは、トビから買う人と、町内会のポスター貼る人。うちはポスター貼る人です。
But other than that, I could find anything Christmas in this old town on the Christmas eve. (Oh, may be I should have gone to a department store, where ornaments are always their favorites.)
In stead of Christmas trees, I found they already started to place the New Year Ornaments. Pines, mainly. This rice cake shop has small ones. You place it on both sides of your gate as a pair.
The more gorgeous ones look like this. This happen to be very traditional, though a bit small.
P1000250(1)(1).jpg
観光案内所の門松。なかなか絵に描いたような門松ってないですよね。
They say "One night ornament brings a bad luck for whole year" that means never put ornament on 31. Finish it before.

Today was "The last day of work" and we used to have certain kind of ceremony, but in this economic condition, many people are still working, I think. Let myself has a good sleep and I will do chores with my family tomorrow!
2009.12.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


カテゴリ: 未分類
寒かったけど、まあまあのお天気でした。
Cold, but not that bad weather. Thanks Tokyo's winter is dry and fine, mostly.

P1000230.jpg
But because of it, it makes me wonder if this antique shop in my neighborhood is doing a right thing. No, it is no means a garage sale. Every morning they carry furniture out and exhibit.
東京の冬は乾いて日差しが明るいですよね。そこでこの光景。

P1000229.jpg
Good way to attract people, may be. Good to old furniture? I can't say yes. I enjoy the sight, but I would never buy from them, even I had yens and I don't have yens so who cares. Still, I feel sorry for furniture.
こういう展示法をしていいのだろうかと、毎日見ております。家具には悪いんじゃないのかなあ。でも、老舗の古美術点なのです。
P1000232.jpg
さて、夫の自作機の上にミクロが乗っています。ここのところ、ぴったり感にうっとりしているようだ・・・と思ったら、PCが暴走しました。黒猫の呪いかな?
And Micro again on my daughter's computer, hand made by my husband. After I took this photo, the PC went crazy. It must be the black cat curse.
2009.12.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


メール翻訳サービス Whoopee!mail の謎にせまる(笑)
カテゴリ: 未分類

  これだけ無料自動翻訳サイトがあふれる昨今、わざわざお金を払って翻訳をするなんて・・「スピードメール翻訳サービス、Whoopee!mail を利用しているユーザーはどんなジャンルの方が多いのでしょうか?」という質問を頂きます。ホームページだけでは確かにわかりにくいですね (汗)メール翻訳サービス Whoopee!mail (ウーピーメール)の特徴は、プロの翻訳者が24時間、日本語、英語の翻訳をスピード対応できることにありま...
メール翻訳サービス Whoopee!mail の謎にせまる(笑)



私はWhoopee!の翻訳者ですが、メール翻訳ですから、本当に心を込めて、かつ出来る限り迅速に翻訳しています。自慢じゃないけど、この間の集中力は半端じゃないですよ。

日本語のメールのやりとりでも、ミスコミュニケーションが起こるのに、外国語の場合は・・・知れば知るほど、怖いなあと思うようになってきました。

よく「あなたの英語力は?」という質問があって、一番初級に「日常会話」と書いてあるんですが、私はこれが不思議で仕方ないのです。日常会話ほど難しいものはないです。同時に、eメールもとても難しいのです。

日本語のメールをもらって猛烈に腹が立つこともあるくらいですから、英語では・・・ね、怖いでしょ?

ちなみに、よくある文面、
「このたびはお世話になりました。無事に調査は終了いたしました。まずはお知らせまで。今後ともよろしくお願いいたします。」
を、機械翻訳で訳すと・・・
「Thank you for all this time. Safety investigation ended. FYI, first. Thank you in the future.」
と出てきます。これをまた日本語訳すと、
「このすべての時間をありがとうございます。 安全調査は終わりました。 最初にFYI。 将来、ありがとうございます。」

こんな文面送りたいですか?
私だったら、
「Thank you for your cooperation. We successfully have finished the research. Working with you was a great experience. Let me write you again for the future plans.」
とすると思います。
日本語と違う?それはそうです。言葉は文化ですから。肝心なのはニュアンスなのです。
2009.12.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Karaoke カリオーキィ
カテゴリ: 未分類
完全に英語化した日本語の一つ、カラオケ。正しい発音は「カリィオーキィ」らしいのですが(伝聞情報)、まあ、とにかく「今時の若い者」には普通の娯楽で、ときどき娘につきあいます。(いや、つきあわされるのかな? お財布目当てで)

Karaoke is soooo popular among teens in Japan. Karaoke shops get extremely cheep during the day-time so just like going to a shop at corner, teens go to Karaoke for a song and a sip of soda.
P1000181.jpg
This is how a very usual Karaoke Building looks like in the city center. It is in early evening but got dark already.

One of my daughter wanted me to go to karaoke with her. She loves songs and sing many Jpops that I don't know. I only sing "the greatest hits of 70s" but thought may be a good idea to have several hours singing sipping soda.
P1000177.jpg
This hallway is a little scary when we have so many terrifying fires these days. We checked the way out and made sure we'd crawl the floor touching the wall. That will lead us to the exit.
P1000175.jpg
Inside is very cozy. You can have soda, coffee, snacks, sandwiches and almost anything, though it is not a good idea to have your dinner here. Except few cups of soda, foods are a bit expensive for their tastes.

I never met anyone making big trouble even in the middle of the night, but if you act really bad, even Japanese part time workers would get really angry. My kid saw couples of customers being told, "Not do it again or never come back!" I really wonder what they did.
真夜中でもベロベロのグループに会ったりすることはあまりありませんが、先日、娘が「二度と来ないでください」と言い渡されているお客さんを見たそうです。いったい何をしたんでしょう?
2009.12.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


お通夜 Wake
カテゴリ: 未分類
Sorry I don't have pictures from my camera. I thought it was too rude to take pictures of wake of my dear Togi-san who just passed away.

20070911_2004Nov_Gagaku.jpg

He was my distant relative, but actually was a very close "uncle" to me. Decades ago, he decided to go his way and left his family to U.S. to teach in UCLA. It must have been quite a decision because his family had a obligation to play music for Emperor.

For he was such a sweet and talented person, he taught many many students and became their sensei in US and in Japan. To me, he was an Uncle in America and we got closer when it happen to me to spend my high School days in US. He made another big decision when he retired from University to come back to Japan. I can't forget how happy he was when he knew that he was welcomed by people in home in spite of his younger day's "rebellion."

Wake was carried in authentic Shintoism. Not usual in Japan, too, because most people carry their wakes and funeral as Buddhists. As Shito Priests told Togi-san's life story, I sank deeply into my thought; how did he think about his creative, rebellious and authentically traditional life.

In Shintoism, the diseased become the family's guardian deity. So I might go to Togis' and would try to talk to him. He must be happy but he also might have many things that he still wanted to do. I feel like I have some obligation to continue at least one thing he wanted to do; talk about Japanese tradition in English.
2009.11.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


カテゴリ: 未分類
ハロウィーンなので、ちょっと怖いかなという家。
廃墟のようですが、まだ人の出入りがあって、先日も庭木をばっさり切っていました。ご親戚がちゃんと面倒をみているようです。そのあたり、下町だなあと思います。

In the day light it is not scary, but this is the most haunted-look house in our neighbor.
I actually know the kin of the old man who is living here. Oh, does he still live here? Well, at least I saw him picking up some important things for him in the early nights months ago, but anyway, he insists on his house. I know it is not a ghost when I see some light in the house.

This used to be a wealthy piano dealer. Too bad Japanese houses are made of wood and when we stop caring for them, they colludes easily.

P1000146_convert_20091103004328.jpg


It was so lush for years, but gardeners came last month to clear the tree branches and the impression became a little different. I love other old buildings and ruins but not this one. This one is too sad to see.

P1000148_convert_20091103005947.jpg
2009.11.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


Sumo wrestlers are popular
カテゴリ: 未分類
Sumo wrestlers are still very popular.
Since they live together at a place called Heya, and they are all men except Okamisan, who is a master's wife, they have special cooking style to feed hungry wrestlers every day; Chanko Nabe aka wresler's stew.
下町祭りでした。若い力士がやってきてちゃんこをつくり、そのあと餅つきになりました。
今年限定かな? ちょっと目新しい出し物でした。

P1000150_convert_20091102001457.jpg

Today, my neighbor community held a fair. As the attraction, Sumo boys came to make Chanko and later pound some the rice cake. Aren't they cute? They start their training right after their junior high, so they are really young when they are doing errands and cooking.
2009.11.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


謎解き超常現象
カテゴリ: 未分類 / テーマ: / ジャンル: 本・雑誌
実は、私、ASIOSという団体のメンバーで、こちらの翻訳を全部やらせていただいています。

活動内容は、真面目に超常現象を探求して、インチキははっきりインチキと言い、未解決ははっきり未解決と言い、もしも本当の超常現象があったら探し当てようというもの。

このたび、ここから「謎解き超常現象」という本が出ました。
謎解き 超常現象謎解き 超常現象
(2009/04/14)
ASIOS

商品詳細を見る


「幽霊? バカバカしい」というスタンスでもなく、「UFOは本当に飛んでいるんですよ」というスタンスでもない。「今の化学では未解決でもやがて解明されるはず」というスタントもちょっとちがいます。どういうことかは、ぜひ読んで下さいませ。

執筆陣は非常に豪華です。

さらに、ここのところ、web経由(ASIOS)で、けっこう海外からのお問い合わせもあり、嬉しい限り。超常現象を科学的な考えで解明するとどうなるのかという分野は、日本ではまだ分野として成立していないところがあります。今後は海外との情報交換も行いつつ、若者向けだけではなく、女性向け、子ども向けなどの活動をしていきたいねと話が進んできています。

さあ、どうなるか、乞うご期待。

2009.04.19 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


FC2カウンター
クリックで募金
クリックで救える命がある。
プロフィール

ナカイサヤカ

Author:ナカイサヤカ
ナカイサヤカ/Sayaka Nakai
東京の下町SOHOで、英語翻訳しています。
2012年3月に脳内出血で左片麻痺になり、長年暮らした谷根千を離れ、スカイツリーが見える隅田川沿いに引っ越しました。夫と猫と成人した娘たちとくらしてます。

翻訳:
ビジネス・メール翻訳のWhoopee! Mail の翻訳者チームにいます。自動翻訳みたいにちゃっちゃっと使えて早い。だけど訳しているのは少数精鋭の翻訳者チームなので、お仕事のテキストも安心です。
翻訳ってどこに頼んだらいいのかわからないというときも、英語スタッフがちょっとだけいるというときも、お気軽にご利用ください。
I am a translator, English to Japanese/Japanese to English.
ネイティブチェック
学術系に強いインテリ・ネイティブ・チェッカーを複数人確保しております。直してもらったら、ニュアンスが違ってしまったと言うことがないように、丁寧な英文校正をします。

不思議:
ASIOS の会員・運営委員です。今後はここでも超常現象系のお話をするかも知れません。ことしもASIOSからはたくさん本が出る予定です。
ASIOS is the Japan's skeptics in action.

絵本・ブックハンター:
文溪堂の「探し絵シリーズ」(世界一周他全9冊)が人気です。みなさまに感謝。もしまだの方は、ぜひ手にとってご覧下さい。こうした絵本を探してきて、出版社と相談する仕事も続けています。実は探し絵シリーズも私が探してきた本なのです。情報お待ちしております。
I am translating and publishing Children's books from English to Japanese. Are you searching a way to publish your books in Japan? I, may be, can help.

英会話
毎月第1第3金曜日に< a href=”http://www4.plala.or.jp/yosikawa-culture/index.html”>吉川カルチャークラブで、とってもやさしい英会話を教えています。月1回から2回で若くなくてもちゃーんと伸びて、しかもネイティブっぽい発音になるというちょっと不思議なメソッドです。

Hello from Tokyo
Find out what I found out in Tokyo.
I speak, write, think in English. So ask me!

ブロとも申請フォーム
Mail Form
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

英語もろもろ駆け込みどころ。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。