スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


言語と文化と論理2
カテゴリ: 未分類
日本人は英会話にコンプレックスがあって、英会話と英語は別物、英会話学校は人気の的である。学校英語は文法中心で読み書きばかりとさげすまれたりする。

今の学校英語はすごく変わってきているが、そもそも学校英語が文法中心になったのには、たぶん裏の事情がある。外人教師がいなかったからとか、テープレコーダーが発明されていなかったとか、まあ、いろいろ言われているが、実際のところは学校教育を組織した明治政府が、不平等条約を改正して、文明人の住む一等国と認められたい一心で、即効性のある緊急手段として教養のある上流階級の英語だけわかればいいと割り切ったのではないだろうか。

江戸時代の日本は、小国連合みたいなものだったので、文語だけが共通語だった。上級武士は「でござる」という例の「さむらい言葉」で会話可能。これは藩校などの上級教育で取得するものだった。おそらく上級農民(大庄屋)は、ほとんど身分的には武士と同じなので文化人を滞在させて俳諧の会を開くなどして、共通語を学んでいただろうし、庶民も例えば歌舞伎などの言葉からある程度の共通語は派生させていただろう。でも、地方で生まれてそこで死ぬのが当たり前だった人たちは方言だけでもなんの不自由もなかった。

欧米には現代でもまだこんな感じが残っている。(例えば、タイムの北朝鮮から帰国したジェンキンズさんへのインタビュー記事は、1/3くらいをさいて「中学1年で学校をやめた彼のつたない英語」について述べている。最低でも高校を卒業していない人は、良く文法ミスをして語彙も乏しいというのはアメリカ社会では常識だ。)19世紀ならなおさらのことで、これを見た政府幹部が直感的に必要なタイプの英語教育が何かを理解したとしても当然である。日本人が一流であることを認めさせるためには、日本人は文法ミスのない英語を使わなくてはならない!

一方、日本の共通語は国民皆兵で軍隊での意思疎通を可能にするために、義務教育段階の学校で徹底的に教え込まれるようになった。新しく作られた言葉だから、いくら口語文語があると言っても違いは少ない。さらに言文一致運動がこれに拍車をかけた。教育で教え込まれる言葉であるならば、高等教育を受けなければ話せないというものではない。学士様と高等小学校卒のお兄ちゃんの言葉の違いは、基本的には語彙と知識ということになってくる。

と言っても、明治時代はまだ「言葉でお里が知れる」時代だったが、大正、明治とだんだんと差が小さくなってくる。

欧米の方は欧米で、産業革命の結果社会構造が大きく揺らいただめ、日本政府が欧米離れを始めた20世紀になると、教育と言語に大きな変化が起こり始めた。教養としてのラテン語が衰退し、生きている現代語や科学が大学教育の中心を占めるようになり、大学教育を受けることでより高い階級にあがれるようになってきたのだ。文法ミスのない正しい英語は、上流階級出身であることではなく大卒であることを示すようになってきた。

そんなこんなで、現代の日本語も欧米語もたかだか100年か150年ぐらいの歴史しか持っていないのである。もっと極端に言えば、この7、80年で両方とも大幅に変わってきていて、さらにこの20年で上流階級の教養ある英語はゆっくりと死に絶える方向へむかってきているようだ。どこへ? 平明でわかりやすい共通語。つまり日本の共通語と同じ方向である。

それでもまだ、英語の口語と文語の差は日本語の口語と文語の差より大きいし、文語をフルに理解するには欧米的教養が不可欠である。そして日本では欧米的教養は教育科目からどんどん消えて行っている。英語の実力はあがって表面的な意味は取れるようになっても、そこから連想すべきものがわからなくなっている。なんとも皮肉な現状である。


英語の教師として、どうするべきかなあと思っているのだが、ひょっとしたらB級ハリウッド映画に登場する中国人のやり方が良いかも知れない。
ステレオタイプとして彼らは常に
「失礼ですが、それはどういう意味ですか?」
と聞いたあと、
「あああ、老子がその戦術書の中で○○と言っています。その教えと同じですね。」とか「あああ、中国にも同じような英雄がいました。彼は10年で30の国を統一したのです。」
とか一言言うわけで、つまり自分だって教養はあるのだ、ただしヨーロッパのとは違うけどねと主張している。ちょっとうざったいけど、愛すべきキャラとして描かれていることが多い。だが日本の若者にはこれも難しいか。

希望があるのは、私たちが予想する以上に早い速度で日本のオタク文化が世界に浸透していることだろう。プラトンやゲーテよりもアニメやゲームが共通の文化教養になる日は近いかも知れないと感じている。そうしたら別に何も努力しなくても「それはオシイ・マモルの世界観に近いね。」で通じてしまう日が、きっとくる(もう来ているかな?)
スポンサーサイト
2005.06.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
FC2カウンター
クリックで募金
クリックで救える命がある。
プロフィール

ナカイサヤカ

Author:ナカイサヤカ
ナカイサヤカ/Sayaka Nakai
東京の下町SOHOで、英語翻訳しています。
2012年3月に脳内出血で左片麻痺になり、長年暮らした谷根千を離れ、スカイツリーが見える隅田川沿いに引っ越しました。夫と猫と成人した娘たちとくらしてます。

翻訳:
ビジネス・メール翻訳のWhoopee! Mail の翻訳者チームにいます。自動翻訳みたいにちゃっちゃっと使えて早い。だけど訳しているのは少数精鋭の翻訳者チームなので、お仕事のテキストも安心です。
翻訳ってどこに頼んだらいいのかわからないというときも、英語スタッフがちょっとだけいるというときも、お気軽にご利用ください。
I am a translator, English to Japanese/Japanese to English.
ネイティブチェック
学術系に強いインテリ・ネイティブ・チェッカーを複数人確保しております。直してもらったら、ニュアンスが違ってしまったと言うことがないように、丁寧な英文校正をします。

不思議:
ASIOS の会員・運営委員です。今後はここでも超常現象系のお話をするかも知れません。ことしもASIOSからはたくさん本が出る予定です。
ASIOS is the Japan's skeptics in action.

絵本・ブックハンター:
文溪堂の「探し絵シリーズ」(世界一周他全9冊)が人気です。みなさまに感謝。もしまだの方は、ぜひ手にとってご覧下さい。こうした絵本を探してきて、出版社と相談する仕事も続けています。実は探し絵シリーズも私が探してきた本なのです。情報お待ちしております。
I am translating and publishing Children's books from English to Japanese. Are you searching a way to publish your books in Japan? I, may be, can help.

英会話
毎月第1第3金曜日に< a href=”http://www4.plala.or.jp/yosikawa-culture/index.html”>吉川カルチャークラブで、とってもやさしい英会話を教えています。月1回から2回で若くなくてもちゃーんと伸びて、しかもネイティブっぽい発音になるというちょっと不思議なメソッドです。

Hello from Tokyo
Find out what I found out in Tokyo.
I speak, write, think in English. So ask me!

ブロとも申請フォーム
Mail Form
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

英語もろもろ駆け込みどころ。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。