スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


なぜ大型家電店にはマッサージチェア・コーナーがあるのか
カテゴリ: 日々のネタ/trivia
「日々の生活から起きていることを観察しよう!! by ムギ」の「マッサージについての考察」という記事がずっと気になっていた。http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/point_of_view/2005/07/post_60ff.html

持病の再発と原因不明の発熱から始まって、数ヶ月。直接の原因は顎関節症だったのだが、へろへろになってしまった体を立て直すべく、かなり集中的にマッサージに投資していたからである。

昔、お風呂やさんに置いてあったマッサージ機に比べたら、現代のマッサージチェアは、ハイテクの極みと言って良い。まさに椅子型サービスロボットという感じで、「ああ、そこそこ!やめないで!」と言いたくなることさえある。(と、思っていたら、新型機には「そこもっとボタン」というのがついている。みんな思うことは同じらしい。)

今、売れ筋の大型テレビに比べたら、それほど高額でもない機械だが、確かにその大きさはネックである。ただ、使わないときには大型の一人用ソファとして使おうと思えば、置けない大きさではない。むしろ最大の問題は、アップデイトが出来ないことではないだろうか。

実は、やたらに広い家に住んでいる田舎の両親が比較的早い時期にこれを購入しているのだが、悪くはないものの、最新モデルを体験してしまうと、どうにも不満足感が残る。パソコンと同じで、待てば待つほど性能もコストパーフォーマンスも良くなるので、思ったときに買わなくては買えない製品なのだ。そして、そういう性質のものとしては確かにカサばりすぎる。

もう一つは、人手によるマッサージの場合、私たちはマッサージそのものだけではなくて、施術の時間を買っている。スーパー銭湯、サウナやエステ、そして旅行と同じで、お約束の時間内は世間と隔絶されさらにマッサージ施術者が一人、つきっきりで世話をしてくれる。人の手の持つ暖かさや、同じ時間を共有する人間同士の共感、そして自分を他人に委ねてしまう快感は、残念ながらマッサージチェアでは得られない。最初は同じように感じても、チェアにはだんだん飽きてしまうような気がする。いくら精巧でも「この前よりこっていますね」とはまだ言ってくれないのが、今のところ機械の悲しい限界だ。

それでは、多大な開発費をかけたマッサージチェアは、どこへ売れているのだろう? スポーツクラブ、スーパー銭湯、マンガ喫茶、インターネットカフェなどで見かけることが多い気がする。ビジネスホテルやフェリーにも置いてあった。つまりムギさんが言う「多数が共有する自動販売機型」である。ほとんどの場合一人のお客が占領するのを防ぐためにコイン式を導入しているから、本体価格と10分100円の値段を比較すれば、導入のリスクは少ないと言っていい。

こう考えてくると謎なのは、大型家電店に並んでいるチェアである。人目があるとは言え、無料で好きなだけ使って「いかがですか?」と勧められることもない。「お父さんたちの休憩所」と化している光景も珍しくない。店としてもかなりの展示スペースを取っているはずなのに、なぜチェアコーナーがあるのだろう?

仮説として、ここで行われているのは、おそらく購入者開拓ではなくて利用者開拓なのだと考えてみたらどうだろう。心地よさを体験した人は、どこかでコイン式チェアを見かけたら使う可能性が高い。「うちのインターネットカフェは、マッサージチェアも無料で使えます」と言うのが売り文句になるのは、使いたい人がいてこそである。それなら、コイン式のチェアに「たまらない快感、揉み心地」などと惹句がついているのを見たことがないのも、納得出来る。黙って座ればどうなるか・・・もうかなりの人が知っているのである。
スポンサーサイト
2005.07.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
FC2カウンター
クリックで募金
クリックで救える命がある。
プロフィール

ナカイサヤカ

Author:ナカイサヤカ
ナカイサヤカ/Sayaka Nakai
東京の下町SOHOで、英語翻訳しています。
2012年3月に脳内出血で左片麻痺になり、長年暮らした谷根千を離れ、スカイツリーが見える隅田川沿いに引っ越しました。夫と猫と成人した娘たちとくらしてます。

翻訳:
ビジネス・メール翻訳のWhoopee! Mail の翻訳者チームにいます。自動翻訳みたいにちゃっちゃっと使えて早い。だけど訳しているのは少数精鋭の翻訳者チームなので、お仕事のテキストも安心です。
翻訳ってどこに頼んだらいいのかわからないというときも、英語スタッフがちょっとだけいるというときも、お気軽にご利用ください。
I am a translator, English to Japanese/Japanese to English.
ネイティブチェック
学術系に強いインテリ・ネイティブ・チェッカーを複数人確保しております。直してもらったら、ニュアンスが違ってしまったと言うことがないように、丁寧な英文校正をします。

不思議:
ASIOS の会員・運営委員です。今後はここでも超常現象系のお話をするかも知れません。ことしもASIOSからはたくさん本が出る予定です。
ASIOS is the Japan's skeptics in action.

絵本・ブックハンター:
文溪堂の「探し絵シリーズ」(世界一周他全9冊)が人気です。みなさまに感謝。もしまだの方は、ぜひ手にとってご覧下さい。こうした絵本を探してきて、出版社と相談する仕事も続けています。実は探し絵シリーズも私が探してきた本なのです。情報お待ちしております。
I am translating and publishing Children's books from English to Japanese. Are you searching a way to publish your books in Japan? I, may be, can help.

英会話
毎月第1第3金曜日に< a href=”http://www4.plala.or.jp/yosikawa-culture/index.html”>吉川カルチャークラブで、とってもやさしい英会話を教えています。月1回から2回で若くなくてもちゃーんと伸びて、しかもネイティブっぽい発音になるというちょっと不思議なメソッドです。

Hello from Tokyo
Find out what I found out in Tokyo.
I speak, write, think in English. So ask me!

ブロとも申請フォーム
Mail Form
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

英語もろもろ駆け込みどころ。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。